子どもに勉強を教えてくれるところは学校だけではありません。現代の子は、受験戦争にもまれながら様々な場所で勉学に励んでいます。塾に行く子どももいますし独学で勉強に励む子どももいます。また、家庭教師を雇いマンツーマンで勉強を教えてもらうやり方をしている方もいらっしゃいます。この家庭教師ですが、マンツーマンというシステムは勉強がはかどるし自分のペースで勉強が進められるというメリットもありますがマンツーマンだけに、先生との相性がとても大切になってきます。自分の希望に合った家庭教師を見つけることで勉強にも身が入りますし、成績も環境でだいぶ違いが出てきます。まずは子どもの性格や勉強方法を見ながらどのような家庭教師が子どもに合っているかを見極めることが大切といえます。

子どもに合った家庭教師を見つけるには

子どもに合った家庭教師を見つけるには、とにかく面接を繰り返し行うことが大切です。家庭教師の先生が面接にいらっしゃったら、まずは簡単な質問からしてお互いに探り合いながらどのようなタイプの先生なのか見極めていくようにします。どこに住んでいるのか、得意な教科は何かなど、まずは難しい話はしないで世間話程度の質問をするようにします。ようは質問の内容よりも先生がどういった方なのかというのを、話をしながら探っていくようにします。何回かの面接で、子どもも気に入って先生を決めたとしても最初の一か月程度はお試し期間を設けて子どもと先生の様子を細かくチェックするようにします。話をしているときは気にいっていても実際に勉強を教える段階になると、また違った雰囲気になることもあるからです。一か月の間にそういったことも見て行きます。

家庭教師を見つけるにはどこで調べるのか

家庭教師を知り合いに頼む人も多くいらっしゃいますが子どもの性格によっては悪影響になる可能性もあります。特に家庭教師の人が子どもととても仲良しだと、授業に身が入らず遊びが中心になってしまうこともあるからです。親が知り合いという程度の距離感のほうが勉強に集中出来て良いといえます。知り合いに頼めるような人がいらっしゃらないなら家庭教師センターを通して家庭教師を派遣してもらうようにします。ただ家庭教師センターによってかかる費用がかなり違ってきます。参考書からすべて用意しなければいけないところもありますし良心的な価格で行なってくれるところもありますので、しっかりと選ぶようにします。家庭教師センターは家庭教師のプロを雇っているわけですから金額面は置いておいても、勉強面は安心できます。家庭教師の人数もとても多いですので子どもに合う家庭教師も決まりやすいです。