大腸ガンの内視鏡検査とは

ガンが死因の原因というケースは、大変多いです。自覚症状があるものから、全く気づかないということもあります。大腸は胃がんなどに比べて自覚症状が無いことから、気付いた頃にはもう末期ということも少なくはありません。ですので、定期的に自ら進んで検査に行く必要があります。症状として多いのが血便ですが、痔と勘違いしてしまうケースも多くあります。ガンを見つけるのが早ければ早いほど、治りも早いです。検査は色々な方法がありますが、一つのケースとして内視鏡検査があります。検査自体は30分位時間がかかります。検査を受ける上での注意事項は、検査前日は消化の良いものを、食べるようにします。そして検査当日は、飲食やタバコなどは控えます。肛門から内視鏡を入れ、モニターで大腸を確認するようになります。短時間で終わる検査ですし、精度も高いので積極的に検査するべきです。

健康を考えて大腸の内視鏡検査をしている

若い時は、人間ドックなどはお金が高いので、やっておりませんでした。しかし、今は体力も減りましたし、子供も産まれ、自分の身体が自分だけの物では無くなった自覚が出てきたので、健康に関して凄く気にしております。ちゃんと人間ドックを受けております。その中で、凄く気にしているのが大腸の内視鏡検査です。必ずやっております。以前から胃腸の調子が悪いのですが、大腸が原因で腹痛が出てしまった時があります。その病気の予防や予知をしていきたいので、必ず人間ドックでは大腸の内視鏡検査を行っております。検査はそこまで苦痛ではありませんが、一番大変なので、かなりの量の下剤を飲まなければならないという事です。これが本当にキツイです。しかし、それにも慣れてきました。今後も人間ドックで大腸の内視鏡検査をしていきながら、自分の健康を守っていきたいです。

大腸の内視鏡検査を受ける事になった

最近、お腹の調子が良くありません。最初はあまり気にしておりませんでしたが、もう数週間、同じような状態だったので、気になり病院へ行きました。最初は内科に行ったのですが、消化器科の方が良いと言われ、病院を変更しております。変更した理由は、大腸の内視鏡検査をする為です。最初の内科には出来ない検査だったようで、出来る病院へ移りました。そして、そこでの病院でも、色々と検査を行い、原因が分からなかったので、大腸の内視鏡検査をしてもらう事になりました。次の受診の際に、便の様子を確認し、そこで正式に決定します。色々と食べ物など注意する事があるそうです。ちゃんとした検査が出来るように、ちゃんとルールを守って、適切に検査を受けたいなと考えております。行った事がないので、少し緊張しますが、頑張って原因を知りたいと考えております。