大腸の病気を早く発見する内視鏡

大腸というのは私達が食べた食物を消化して便として排出する際に大変重要な機能を果たしてくれる内臓器官です。そのような重要な機関なのに体の内部にあって目につかない部位なのでついその大切な機能を忘れてしまったり、少し位お腹が痛くても我慢してしまう人が多いのではないでしょうか。所が大腸は日々の食べ物を消化する為に日々よく働いてくれているので、中々病気である事に気づきません。ある日突然胃が痛くなったりすると、そこでやっと「もっと食べ物にきをつけなくては」と内視鏡検査を受ける事を意識し始めます。内視鏡はいまやハイビジョン画像なのでポリープがあればすぐにわかります。こうした文明の利器を使用する事で、いち早く病気をみつけて対処する事ができるので、痛いのではないか、面倒に違いない、と決め付けず、是非一度検査を受けるようになさってみてください

大腸がん検診で内視鏡をする際の注意点

大腸がん検診で、内視鏡検査を受ける人が年々増えてきています。なぜなら、だいちょうがんにかかる人が非常にふえてきているからです。では、検診時に内視鏡を使った検査を実施する場合、注意する点にはどのようなものがあるのでしょうか。まず第一に、経験の豊富なドクターのいる病院で実施するようにしましょう。経験の豊富なドクターを探すのはなかなか難しいですが、こういった医師にやってもらうのと、経験の浅い医師にやってもらうのとでは、痛みや苦しさの程度が違ってきます。できるだけ楽な方法で苦しいと感じずに検査を実施するためにも、この手間を惜しまないようにしましょう。また、費用が標準程度のところを選ぶようにしましょう。とても高い費用をとっているところもあるので要注意です。いくつかの病院に問い合わせてみて、これらの事項を確認しておくことが大切です。

初めて大腸の内視鏡検査を受ける場合

大腸に何らかの不調が見られた場合、的確に原因を把握する為に最も効果的なのは内視鏡を使った検査です。外側からでは見えない腸の内部でも、直接カメラで見てみれば異常の有無を確認することができます。検査によって異常が見つかった場合は、その内容に応じて適切な治療を受けておきましょう。しかし、内視鏡検査が初めての方はなかなか検査に踏み切れないかもしれません。大腸の検査は痛いというイメージもありますが、きちんと力を抜いていれば痛みはありません。検査に慣れている医師に任せれば、ほとんど違和感もなく検査を終えることも不可能ではないでしょう。緊張しているとどうしても体に力が入ってしまいやすいですが、その場合は鎮静剤を使わせてもらうのも効果的です。事前に検査に関する不安を伝えておけば、検査時もスムーズに鎮静剤などで対応してもらえるはずです。