大腸がん検診時に内視鏡を実施することのメリット

大腸がんになる人の率が年々増えてきています。これは、食の欧米化や、日本人のストレスを溜め込みやすい性格に原因があるといわれています。このがんを防ぐためにも、検診時に、内視鏡を使用しての検診を実施することをお勧めします。なぜなら、この方法を用いた検診には多くのメリットがあるからです。ではそれはいったいどのようなメリットなのでしょうか。まず第一に、内視鏡を使用してする検査を実施することにより、便を取るだけではわからなかったことが分かったりするからです。便を取っても陰性であったのに、実際に内視鏡を使用して検査をしてみたら陽性であった、などということは非常に多いです。また、これと同様に、バリウム検査ではわからなかったものが見つかる可能性も高くなります。こちらを用いた検査の方が、より正確に大腸の様子を探ることができるといえます。

大腸の内視鏡の検査を受けたい

食物繊維を含んでいる食品をあまり食べなくなったり、食生活の欧米化などが原因で大腸がんに罹る人が増えています。平坦な大腸がんの場合は、便潜血検査を行っても陰性のことが多いですし、バリウムでもはっきりと診断するのが難しくなっています。大腸内視鏡は専門の経験豊富な医師が検査を行うと、機械が入っている異物感などを感じないですし、痛みなどの苦痛も伴わないので安心です。現代は内視鏡をループさせずに直線的に挿入する方法で検査を行っているため、体に負担が少ないのが特徴になっています。大腸の内視鏡検査を行う時は、浅い麻酔を掛けてくれるため、恐怖心を感じることなく、検査を終えることができます。バリウムなどに比べると精度の高い検査法ですし、ポリープや初期の大腸がんを発見しやすくなっています。胃腸の調子が優れないという人は、検査を受けてみると良いでしょう。

大腸内視鏡ならしっかり見えるから安心

大腸内視鏡の検査をする、というと少し怪訝なお顔をされます。それはしたことがない検査であるという事と、痛いのではないか、という不安、そしてバリウム検査だけではだめなのか、いうシンプルな疑問からそのようなお顔になられるようです。バリウムの検査も有効ですが、内視鏡は更に高度で大腸のシワシワした部分をよく映し出してくれるので影になって見えなかった部分の潰瘍やがんまでも見つけ出す事が出来ます。事前に前処置をして大腸の内部を綺麗にしてから行うので検査後はとてもスッキリした気持ちにもなります。成人男性の15人に1人が大腸がんと診断されるという今日、早めに検査で発見して治療を行えば完治する可能性も大変高くなっています。大腸内視鏡は最初はとても不安な検査ですが慣れてしまえば、すぐに終わり、健康を確認できる手段となるわけですから、是非定期健康診断等に組み込んで早期発見に努めましょう。