子供の進路や入試対策、定期テスト対策のために、子供に家庭教師をつけようか、学習塾に通わせようか、日々お悩みの親御さんも多いと思います。子供が通う学校の先生を自由に選ぶことはできませんが、子供をマンツーマンで勉強・学習指導をしてくれる家庭教師は、親と生徒である子供が自ら選ぶことができます。どの親御さんでもせっかく高い授業料を支払い、家庭教師に勉強をみてもらうのですから、親として自分の子供にあった家庭教師を選び、子供の成績のアップを実現したいと考えることでしょう。しかし、そんな大切な家庭教師選びの方法・考え方を間違えてしまい、家庭教師選びに失敗してしまう親は意外と多いのです。今回は家庭教師選びでの3つの勘違いと子供の性格別で相性のよい家庭教師についてまとめてみました。

家庭教師選びで多い3つの勘違い

家庭教師選びで多い勘違いの1つ目は派遣する会社の口コミで選ぶことです。これが一番やってはいけない選び方になります。現在様々な家庭教師派遣会社がありますが、インターネットの口コミや掲示板には誰でもどんな言葉でも自由に書き込むことが可能です。やはり、実際に自分の目で家庭教師を目で見て判断することが大切になってきます。2つ目は家庭教師の出身校や通う学校で選ぶことです。頭の良い学校出身の先生に教えてもらうと、子供の頭もよくなっている気がしますが、こちらも間違いです。学校のレベルは参考とし、その家庭教師の授業を親子で体感し、わかりやすく丁寧に教えてくれそうか、見極めることが大切になります。最後に使用する教材や授業料で選ぶことです。教育費の予算の制限があるのならば、学習塾も視野に入れ、料金で決定するのではなく、あくまでも家庭教師本人の素質と能力で選ぶことが大切になります。

子供の性格別にみる相性のよい家庭教師のタイプ

子供の性格をまじめな子、スポーツ好きな子、天才肌の子、繊細な性格の子の4つに分け、家庭教師のタイプをほめて伸ばすタイプ、友達のようなタイプ、知性派タイプ、熱心・熱血タイプの以上4タイプに分け、最も相性の良いタイプを紹介します。まず、まじめな子と相性の良い家庭教師は、ほめて伸ばすタイプです。次にスポーツ好きの子と相性の良い家庭教師は、熱心・熱血タイプです。次に天才肌の子に相性の良い家庭教師は知性派タイプです。最後に繊細な性格の子に相性の良い家庭教師はほめて伸ばすタイプです。参考までに子供の性格別に相性の良い家庭教師のタイプを紹介しましたが、子供の性格も、また家庭教師の性格も十人十色なので、なかなか子供にぴったりの家庭教師を見つけることは困難な作業だと思います。でも実際に親子で授業を受けてみて是非ともお子様にピッタリの家庭教師を見つけてみてください。